僕の包茎治療体験記。

日本人男性は相当高い割合で包茎だという調査データもありますから、機会があれば是非包茎治療を受けてみたいと考えている方は大変多いのではないかなと思います。
ちなみに僕は今年の6月ぐらいに包茎治療を受けたばかりなのですが、やはり一番心配だったのは手術中や術後の痛みですね。
何と言って男性の身体の中で一番敏感な部分であるのは間違いない訳ですから。
手術中は顔にタオルがかけられるので、正直自分でその様子を見るという事は全然出来なかったのですが、この手術に使う麻酔というのは想像していた以上に強力なモノだったみたいですね。
ほんの数分でイチモツ周辺の感覚が全く無くなってしまい、先生に触られても全然それが脳に伝わってきませんでしたから。
ですので手術中にレーザーなどで皮が焼き切られる際に、痛がりの僕が身体を動かさずにちゃんと耐えられるのかなと正直ちょっと心配していたのですが、手術中に痛みのような感覚を感じる事は一切に無く、時折自分の皮が焼ける際に発生すると思われる独特の臭いを鼻で感じるぐらいで、手術時間も事前に説明されていたよりもちょっと早く30分強ぐらいで完了してしまいました。
術後の経過も非常に良好で、先生から数日間は少し痛みがあるかもしれませんよと言われていたものの、そういった事も一切なく大変満足しています。
現在では銭湯などに行ってもタオルで自分の股間を隠したりせずに堂々と「俺の股間を見てくれ」が出来るので、精神的にも大変気持ちが良いですね。