広告で見かけたクリニックで

思春期の頃から包茎であることを意識していましたが、
そのうちよくなるだろうと思って放っておきました。
ある日雑誌を見ていたら、包茎治療のクリニックの広告が目に入りました。
この時、諦めかけていた包茎の悩みを解決できると思ったのです。
私が包茎治療したのは何年も前のことになりますが、
当時はインターネットがなかったので、
広告に掲載されているクリニックの電話に予約を入れ、
治療当日、川崎へ向かいました。null
治療中は当然のことながら下半身は露出状態なわけで、
恥ずかしさよりもこれで包茎の悩みを解決できる期待でいっぱいでした。
治療中は患者から治療部位を見えないようにしてあります。
どのように治療しているのか見えないので、少々不安はありましたが、
逆に見たところで困りますし、それに見たいとも思いません。
先生に任せるのみで、ひたすら早く終わってほしいなと思っていたところ、
なんとか終わりました。
先生が言うにはしばらく亀頭に違和感があるけれども、
日数が経てば徐々に違和感がなくなると言われ、
確かにそのとおり違和感がなくなっていきました。
アルバイトで貯めたお金をここで使ってしまったわけですが、
今となっては包茎治療して良かったと言えます。