包茎が治って良かったと思うこと。

私は以前包茎でした。
私の周りの友達もほとんどが包茎だという話を聞いていたので、その頃は別に気にしていなかったのですが、しばらくしてもっと深く話を聞いてみると、「どうも自分のペニスの状態と皆の状態が違うようだ。
」ということに気付いたのです。
つまり、皆の言っている包茎は「仮性包茎」のことで、これは勃起時には自然と亀頭が露出してくるタイプのものなので、無理に治療しなくても良いタイプでした。
私のペニスは、勃起しても亀頭は露出せず先が少し現われる程度のもの、つまり「真性包茎」だったのです。
これはかなりショックなことでしたが、話の最中は自分も仮性包茎であるふりをしてなんとかごまかしました。
この日から私の悩みの日々が始まったことは、言うまでもありません。
「やはり包茎治療をうけるべきなのか?」「治療費はどれくらいかかるのか?」「治療の際の痛みはどれくらいなのか?」これらのことを考えていたある日、自分のパンツからもの凄いニオイが立ち上ってくることに気付きました。
そして、このニオイが私に「包茎治療を受ける!」という決断をさせたのです。
幸い治療費は、ネットで調べて格安のクリニックを選んだおかげで、かなり抑えることができたと思います。
痛みも、麻酔の時の「チクッ」程度で、あとは無痛のまま治療は終了しました。
治療後はいたって快調で、気になっていたニオイが無くなっただけでなく、亀頭が常に現れていることから、何だか刺激に強くなったようで、射精までの時間が延びたように感じられます。
包茎治療を受けて、男としての自信も取り戻せました。