してよかったと思ったこと

包茎治療をしてよかったと思ったことは、男性としてのコンプレックスが解消したことです。
日本では、包茎に対して悪いイメージを抱く方が多いです。
日常生活に問題のない軽度のレベルの包茎でも、悪く捉えられてしまうのです。
仮性包茎でも、中度以上の症状になったら治療が必要だと言えます。
包茎治療をすると、まず陰茎の悪臭が解消されます。null
包皮をむいてシャワーで洗浄できるからです。
恥垢は半日もすると少しずつ溜まってくるそうです。
そのため、最低でも1日1回はシャワーで洗う必要があるのです。
もし、シャワーで洗うことが難しい状態ならば、治療したほうがいい包茎だと言えます。
どうにか包皮をむける状態でも、痛みを感じるようでは困ります。
性行為のときも痛いはずなのです。
包茎治療をすると、包皮をむくときの痛みがなくなります。
シャワーで簡単に洗浄できるので衛生的です。
性行為のコンプレックスも解消します。
悪臭がなくなりますし、正常時はすでにむけているので、女性側も嫌がりません。
また、亀頭も大きくなりました。
今まで包皮が亀頭の成長を妨げていたようです。
手術することで包皮が正常になり、亀頭も本来の大きさを取り戻しました。
陰茎が小さいことも、コンプレックスのひとつでしょう。
せめて平均並みの大きさは欲しいものです。
陰茎が小さいと消極的な性格になってしまうことも多いです。
見られることに抵抗を持つようになりますから、性行為のときも自信を持てないのです。
そのような方は、包茎治療を行えばコンプレックスが解消します。